ユーザー車検とディーラー車検の比較

ユーザー車検とディーラー車検の比較

新車を購入した場合は必ず購入から3年後に、それ以降は2年ごとに車検を受けることが義務づけられています。この車検には、車を購入したメーカーの販売店に依頼する「ディーラー車検」と、車の持ち主自身が運輸支局で自分の車の検査を行う「ユーザー車検」の、大きく分けて2つの種類があります。

この2つの違いといえば、簡単に言うと車の点検をディーラーに代行してもらうか、自ら行うかということ。当然自ら行うユーザー車検のほうが安価で、価格面でユーザー車検を選択する人も多いかと思われます。では実際にどの程度の価格差があり、それぞれにどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

まず車検には「自動車重量税」「自賠責保険料」「印紙代金」の3つからなる法定費用がかかります。
法定費用は法律で定められた金額ですので、ディーラー車検でもユーザー車検でも同額です。軽自動車の場合は約3万円、普通乗用車の場合は重量によりますが、4万~7万円程度です。

ディーラー車検の場合は、この法定費用に加えておおよそ4万円程度の点検費用が必要となります。
一方でユーザー車検の場合は検査手数料がかかりますが、小型自動車の場合は1400円、普通自動車の場合は1500円ほどです。

つまりディーラー車検では法定費用と点検費用を合わせ10万円程度、ユーザー車検はほとんど法定費用のみですむと考えるとよいでしょう。ただし、購入後10年以上が経過した車などはエンジン回りのオイルや部品などの交換が必要になることが多く、その場合は別途料金がかかります。

ユーザー車検のメリットはこの金額面ですが、半日から1日ほど自らの時間を取られるというデメリットもあります。

ディーラー車検のメリットは自ら時間をかける必要はなく、さらに丁寧な点検を受けられる点です。
車検の検査項目以外の部分までチェックしてくれますし、タイヤやオイルの交換もメーカーの純正品を使用してもらうことができます。 車のトラブルはちょっとした不具合が大きな事故につながりますので、プロの検査を受けたことによる安心感を得られるのは、十分費用に見合った価値があるといえるのではないでしょうか。

更に詳しい事、その他􏰂の疑問点は􏰁信頼できるプロに匿名で相談してみましょう。 􏳹􏱞􏳝􏳮􏴛􏴳􏰦􏶮􏳃􏳕􏰈􏳹􏲊􏰪􏱺􏲦􏱶􏱳􏱰􏳹􏴳􏳋􏲫􏰇􏰩􏵹􏲀􏱅􏵀􏷄􏳮􏲒􏰰􏷅􏱺􏷆􏳡􏳅􏱳􏴳􏱅􏷇􏶍􏱺􏳋􏲀􏲟􏶍􏵽􏱦 􏱺􏵁􏳹􏱫􏲟􏲧􏳡􏰊􏰌􏱺􏶋􏰵􏲀􏳺􏴥􏲘􏲈􏴺􏲊􏳸􏲟􏵹􏲧􏰩もちろんお見積り􏰁無料です!

一般ユーザー様のご利用の流れ

  • 01無料会員登録

    簡単!所要時間約1分で専用マページをご用意致します。

    会員登録はこちら
  • 02匿名で依頼

    作業カテゴリーを選んで、ご要望を お聞かせて下さい。

    無料見積はこちら
  • 03見積もりを比較検討

    複数の業者さんから集まった提案 から最適な一社をお選び下さい。※お見積りには、お客様宅へ訪問(現地調査) が必要な事も御座います。

  • 04作業完了

    作業完了後に、感想をお聞かせ下 さい。口コミを投稿すればポイント ゲットで更にお得!

    ポイント詳細はこちら