ガラス修理・取付 ガラスの種類と選び方

ガラス修理・取付 ガラスの種類と選び方

家を新築した時やリフォームする時、窓ガラスを新たにつけたり、取り換えたりしますが、ガラスにもさまざまな種類があります。窓ガラスの性能は一昔前と比べると飛躍的に向上しており、非常に幅広い選択肢があるため、とりつける場所や目的に応じて最適なガラスを選ぶ必要があります。

防犯面で優れた性能を発揮するのは合わせガラスです。合わせガラスは2枚のガラスの間に樹脂フィルムなどを挟み込み、接着することで作られています。樹脂フィルムによっては叩いても割れにくいガラスにすることができ、さらに紫外線を吸収する効果を持たせることもできます。

安全面で優れているのは強化ガラスです。車のガラスとして使用されているものですが、割れてもブロック状の破片となるため、安全性の向上が見込めます。ただし、強い力を加えると容易に壊れてしまうため、防犯の効果はあまり見込めません。

次に防災上安全なのは、網入りのガラスです。網入りガラスは火災が起きた時、ガラスが割れて飛散しないように、ガラスの間に金属のワイヤーが入れられています。

プライバシーを保護したい場合は、すりガラスが最適です。ガラス表面に凹凸をつけることで透明度が下げられており、トイレやお風呂で一般的に使用されているほか、最近では道路に面したリビングの窓にも用いられるようになっています。

また、ガラスの種類ではなく、単板ガラスや複層ガラスといった、ガラスの構成によっても異なる効果が期待できます。
かつての住宅の窓にはガラスが1枚だけ入った単板ガラスが一般的でしたが、ガラスは熱を伝えやすい材料のため、冬は窓ガラスの表面温度が外気温と変わらなくなってしまうという欠点がありました。

そこで最近は、2枚のガラスの間に空気やガスが封入された重複ガラスが広く使用されるようになりました。一般的にはガラスの間の空間は6ミリから12ミリ程度ですが、空間が広いもののほうが熱を伝えにくくなるため、寒い地域などでは空間が広いものを選ぶとよいでしょう。また、特殊な金属膜を貼ることで、遮熱をしたり熱逃げを防いだりする機能を持った重複ガラスもあります。

住居のある地域の環境や、目的に合わせて適切なガラスを選ぶようにしましょう。

更に詳しい事、その他􏰂の疑問点は􏰁信頼できるプロに匿名で相談してみましょう。 􏳹􏱞􏳝􏳮􏴛􏴳􏰦􏶮􏳃􏳕􏰈􏳹􏲊􏰪􏱺􏲦􏱶􏱳􏱰􏳹􏴳􏳋􏲫􏰇􏰩􏵹􏲀􏱅􏵀􏷄􏳮􏲒􏰰􏷅􏱺􏷆􏳡􏳅􏱳􏴳􏱅􏷇􏶍􏱺􏳋􏲀􏲟􏶍􏵽􏱦 􏱺􏵁􏳹􏱫􏲟􏲧􏳡􏰊􏰌􏱺􏶋􏰵􏲀􏳺􏴥􏲘􏲈􏴺􏲊􏳸􏲟􏵹􏲧􏰩もちろんお見積り􏰁無料です!

一般ユーザー様のご利用の流れ

  • 01無料会員登録

    簡単!所要時間約1分で専用マページをご用意致します。

    会員登録はこちら
  • 02匿名で依頼

    作業カテゴリーを選んで、ご要望を お聞かせて下さい。

    無料見積はこちら
  • 03見積もりを比較検討

    複数の業者さんから集まった提案 から最適な一社をお選び下さい。※お見積りには、お客様宅へ訪問(現地調査) が必要な事も御座います。

  • 04作業完了

    作業完了後に、感想をお聞かせ下 さい。口コミを投稿すればポイント ゲットで更にお得!

    ポイント詳細はこちら