時計修理 オーバーホールの必要性と時期

時計修理 オーバーホールの必要性と時期

腕時計は毎日身につけるものですから、強いこだわりや愛着を持つ人も多いのではないでしょうか? 
就職祝いや誕生日プレゼントとして贈られることも多く、それだけにいつまでも長く使い続けたいものです。

そこで気になるのが、定期的なオーバーホールの必要性とその時期です。
時計にはゼンマイが動力となって動く機械式時計と、電池によって動くクォーツ時計があります。
クォーツ時計であれば電池を交換する際にチェックをお願いすることもできますが、機械式時計の場合はいつオーバーホールするべきか判断が難しいところです。

ただ、オーバーホールすることなく何年も使い続けると、潤滑油が乾燥して部品が摩耗したり、水入りを防ぐゴムパッキンが乾燥して防水性が低下したりと、さまざまな不具合が発生するようになってしまいます。
トラブルなく使い続けるためには、定期的なオーバーホールが必要不可欠といえるでしょう。

それでは、いったい何年に一度オーバーホールをすればよいのでしょうか?
これは人によって意見がわかれるところで、多くの修理業者は定期的に健診をおすすめするという意味もあり、
3年に一度を推奨しています。

しかし中には、最近は潤滑油の性能が良くなっているので、5年に一度でも大丈夫だという修理業者もいます。
5年間オーバーホールをしなかったからといって、時計内部のパーツの摩耗が急激に進むということはありません。仮に不具合があったとしても、もともと定期的に部品交換が必要なパーツである場合がほとんどです。
なので、5年に一度のオーバーホールをお勧めします

多くの高級な時計の場合は、5年間で不具合が生じたり、使えなくなったりということはまずありません。しかし、だからといって使い続けていると、パッキンの劣化や交換が難しいパーツに摩耗が生じてしまいます。
そうなってしまった場合の修理代などを考えると、長い目で見れば5年に一度オーバーホールをしておくことが、トータルで安上がりになるはずです。

ただし、5年たっていなくても針が遅れるようになったり、ゼンマイの接続時間が短くなったりすることもありますので、そのような不具合が出た場合は、なるべく早めに専門の業者さんへ相談することをお勧めします

更に詳しい事、その他􏰂の疑問点は􏰁信頼できるプロに匿名で相談してみましょう。 􏳹􏱞􏳝􏳮􏴛􏴳􏰦􏶮􏳃􏳕􏰈􏳹􏲊􏰪􏱺􏲦􏱶􏱳􏱰􏳹􏴳􏳋􏲫􏰇􏰩􏵹􏲀􏱅􏵀􏷄􏳮􏲒􏰰􏷅􏱺􏷆􏳡􏳅􏱳􏴳􏱅􏷇􏶍􏱺􏳋􏲀􏲟􏶍􏵽􏱦 􏱺􏵁􏳹􏱫􏲟􏲧􏳡􏰊􏰌􏱺􏶋􏰵􏲀􏳺􏴥􏲘􏲈􏴺􏲊􏳸􏲟􏵹􏲧􏰩もちろんお見積り􏰁無料です!

一般ユーザー様のご利用の流れ

  • 01無料会員登録

    簡単!所要時間約1分で専用マページをご用意致します。

    会員登録はこちら
  • 02匿名で依頼

    作業カテゴリーを選んで、ご要望を お聞かせて下さい。

    無料見積はこちら
  • 03見積もりを比較検討

    複数の業者さんから集まった提案 から最適な一社をお選び下さい。※お見積りには、お客様宅へ訪問(現地調査) が必要な事も御座います。

  • 04作業完了

    作業完了後に、感想をお聞かせ下 さい。口コミを投稿すればポイント ゲットで更にお得!

    ポイント詳細はこちら