システムキッチン選びのポイント

システムキッチン選びのポイント

最近のキッチンは、機能も性能も格段に進化しているので、新しいシステムキッチンを導入するだけで、あらゆる不満を解決することができます。ただし、機能性や性能性を上げるとその分費用も高くなります。各ご家庭の家族構成やライフスタイルに合わせて必要なポイントの優先順位を決めてから、どのような設備、及びスタイルにするかなどを検討するようにしましょう。

使いやすいシステムキッチンを選ぶ際のポイントは、下記3点といえます。
ワークトップ(天板)の高さや奥行き、及び素材
収納スペースの容量や収納方法
組み込むビルトイン機器

ここではこの3点の選び方や種類についてご紹介しますので、ご家庭のニーズに合ったシステムキッチン選びの参考にしてください。


【ワークトップ(天板)】

まずはワークトップの高さと幅についてですが、キッチンの高さは5cmごとに選べるようになっているのが一般的です。JISの規格では、「身長÷2+2.5cm」が基準の高さとされていて、これは切る時の体勢を元にしています。ですが実際には、調理から片付けまでの作業で最も多い時間は、シンクの前にいる時間と言えます。シンクが低いと、腰をかがめた体勢になるので、食器を洗ったり、野菜を洗って皮を剥いたりと、腰に負担がかかります。しかし、高すぎるのもコンロ前での作業の際に腕が疲れるので注意が必要です。

幅については、奥行きがあると作業台が広くとれて収納スペースも広がるので一見便利そうですが、身長に合った範囲で決めなければ、水栓が遠く使いづらくなったり、奥に収納したものが取り出しにくくなってしまうので注意しましょう。

キッチンの高さや幅を決める際には、実際にショールームや施工業者さんなどで実物の前に立ってみてから決めることをお勧めします。


次に、ワークトップの素材についてですが、一般的には、耐水性や耐汚性、耐熱性、耐久性に優れたステンレスや人工大理石が主として使われています。ステンレスは他の素材に比べて安価ですが、細かな傷がつきやすいのがデメリットといえるでしょう。ただ多少価格は上がりますが、傷が目立ちにくいエンボス加工や研磨痕を残した仕上げのものもあります。

他の素材には、タイルや天然石や木などがあります。タイルは温かみがあり個性を出すこともできるので人気ですが、目地は汚れやすく掃除が大変なので、お掃除が苦手という方にはお勧めできません。天然石や木は、唯一無二のキッチンとなるので、こだわりのある方にはお勧めですが、どちらも高価な上、使用には注意が必要ですし、メンテナンスも欠かせないなど扱いが難しい素材といえるでしょう。

キッチンは毎日何度も利用し、水や油、調味料などで汚れやすい場所でもあるので、よほどのこだわりがない限りは、やはりお手入れが楽なものを選ぶことをお勧めします。


【収納】

キッチンの収納スペースに入れるものは、調理器具や食器類などの他に、調味料やストック食品などもあります。まずはどれくらいの収納力がほしいのかを、各ご家庭で事前に考えておくことをお勧めします。

ワークトップ下のキャビネット(フロアキャビネット)には、扉タイプ、スライドタイプ、足元スライドタイプなどの収納方法があり、シンク下や調理台下、コンロ下など、ゾーンごとに収納タイプが選べます。

吊り戸棚(ウォールキャビネット)には、通常の扉タイプの他に、今までデッドスペースになっていた扉タイプの下部分に昇降式で小物などの収納スペースをプラスできるものや、高いところのものが取り出しにくかった吊り戸棚を一つの棚ごとに引き下げられるものなどもあり、とても便利な商品が出ていてお勧めです。


【ビルトイン機器】

便利な機能をすっきりと収めることができるビルトイン機器も、システムキッチンの魅力の一つです。
ビルトイン機器には、コンロ、オーブンレンジ、食器洗い乾燥機、浄水器、冷蔵庫などがあります。
また、センサーに手をかざすだけで止水操作ができるタッチレス水栓などもあり、手が汚れたり濡れていたりしても、容易に吐止水が行えるので、こまめに止水できて節約にもつながると人気です。

ビルトイン機器はとても便利で魅力的なものばかりですが、フロアキャビネット部分に設置するものについては、あれもこれもと入れてしまうと、収納スペースがその分なくなってしまうので注意が必要です。

また、機器をプラスすればするほど、その分費用も上がっていくので、各ご家庭で本当に必要な機能を吟味してから決めるようにしましょう。後に家族構成やライフスタイルが変わり、ビルトイン機器をプラスしたいと思った際には、システムキッチンごとのリフォームではなく、ビルトインのみの後付けも可能です。

更に詳しい事、その他􏰂の疑問点は􏰁信頼できるプロに匿名で相談してみましょう。 􏳹􏱞􏳝􏳮􏴛􏴳􏰦􏶮􏳃􏳕􏰈􏳹􏲊􏰪􏱺􏲦􏱶􏱳􏱰􏳹􏴳􏳋􏲫􏰇􏰩􏵹􏲀􏱅􏵀􏷄􏳮􏲒􏰰􏷅􏱺􏷆􏳡􏳅􏱳􏴳􏱅􏷇􏶍􏱺􏳋􏲀􏲟􏶍􏵽􏱦 􏱺􏵁􏳹􏱫􏲟􏲧􏳡􏰊􏰌􏱺􏶋􏰵􏲀􏳺􏴥􏲘􏲈􏴺􏲊􏳸􏲟􏵹􏲧􏰩もちろんお見積り􏰁無料です!

一般ユーザー様のご利用の流れ

  • 01無料会員登録

    簡単!所要時間約1分で専用マページをご用意致します。

    会員登録はこちら
  • 02匿名で依頼

    作業カテゴリーを選んで、ご要望を お聞かせて下さい。

    無料見積はこちら
  • 03見積もりを比較検討

    複数の業者さんから集まった提案 から最適な一社をお選び下さい。※お見積りには、お客様宅へ訪問(現地調査) が必要な事も御座います。

  • 04作業完了

    作業完了後に、感想をお聞かせ下 さい。口コミを投稿すればポイント ゲットで更にお得!

    ポイント詳細はこちら