キッチンの「スタイル」と「レイアウト」

キッチンの「スタイル」と「レイアウト」

キッチンリフォームには、経年劣化によって古くなったキッチンを新しくリフォームするという場合もありますが、既存のキッチンの使い勝手の悪さや収納不足、または作業スペースが狭い、動線が悪いなどの不満を解消するためにリフォームを検討される方が多いようです。

既存キッチンの不満解消が目的のリフォームを考える際、まず決めなければいけないことは、「スタイル」と「レイアウト」です。
ここではキッチンの「スタイル」と「レイアウト」の種類、それぞれの特徴をご紹介しますので、ご家庭のニーズに合ったキッチンづくりの参考にしてみてください。


■スタイル
キッチンのスタイルは大きく3つに分けられます。
どのスタイルを選んでいくかは、キッチンの広さと家族構成、キッチンで主に作業する人の人数やライフスタイルなどを踏まえて決めていくとよいでしょう。


【独立型】
キッチンが完全に1つの部屋として、ダイニングから独立しているタイプです。
調理中は作業に集中でき、煙や匂い、音、熱などが他の部屋に影響しにくいというメリットがあります。
また、雑然となりがちなキッチンですが、多少散らかっていてもダイニングから見えないので、片付けが苦手という方にはお勧めです。


【オープン型】
ダイニングとキッチンスペースとの間に壁がなく、ダイニングとキッチンが1部屋になっているタイプです。
調理中でも家族とコミュニケーションがとれたり、ダイニングテーブルとキッチンが近いので料理を運んだりする際に動きやすいということがメリットといえるでしょう。
ただ、ダイニングからキッチンが丸見えになるので、できるだけすっきりと見えるように、収納スペースをたくさん確保するなどの工夫が必要です。


【セミオープン型】
キッチンとダイニングを腰の高さほどの壁やカウンター、吊戸棚、またはシステムキッチンで仕切っているタイプです。
メリットは、キッチンの雑然としがちな作業台やシンクを隠しながらも、ダイニングを見渡すことができ、対面式であれば調理をしながら家族とコミュニケーションがとれるといったことでしょう。
また、キッチンはある程度の独立性を持っていますが、仕切りの上部分がオープンになっているため、ダイニングとの一体感が生まれ、広々とした印象になります。



■レイアウト
キッチンのレイアウトは、一般的に6つの種類に分けられています。
レイアウトを選ぶ際には、キッチンの広さや、動きやすい動線を考慮に入れておくことが最も大切なポイントと言えるでしょう。動線は、冷蔵庫やシンク、コンロの位置が三角形に配置されていると無駄なくスムーズに作業ができると言われています。また、冷蔵庫をキッチンの入口近くに設置することで、キッチンの中で人が混雑する状況をある程度防げます。
キッチンの広さや間取りによっては、希望のレイアウトにできない場合もあるので、事前にどのレイアウトが可能なのかを専門の業者さんに確認しておきましょう。


【Ⅰ型】
シンク、コンロ、調理台を一列に並べたスタンダードなキッチンです。
一連の作業を効率的に行え、キッチンが狭い場合でも、スペースを有効に活用できます。


【Ⅱ型】
キッチン台が平行に2台分かれており、いずれかにコンロやシンクをレイアウトします。
作業スペースが広くとれることが特徴ですが、2列間の幅には注意が必要です。調理している人の後ろを通れるくらいのスペースは最低でも確保しておきましょう。ただし、広ければ良いというものでもなく、広すぎると調理中の移動が増えて大変になることもあります。幅は110cmほどがスムーズであると言われています。


【L型】
キッチンを壁面につけ、壁を2面にわたってコーナー部分を使い、L字型にシンクとコンロをレイアウトします。
シンクとコンロが両側に振り分けられるため、横の移動がなく動線が短く済みます。複数でキッチンに立つことが多いお宅に特にお勧めなレイアウトです。
ただ、角になる下の収納部分がデッドスペースとなりがちです。メーカーさんによってはこのコーナー部分も有効に使うための工夫がされたシステムキッチンもあるのでお勧めです。
また、冷蔵庫や食器棚を置くスペースを確保するのが難しいレイアウトでもあるので、事前にきちんと置き場所を決めておくようにしましょう。


【U型】
コンロ、シンク、作業台がU字型に並び、とても広々としたレイアウトです。コンロとシンクをL字型に配置するのが一般的ですが、各家庭で好きなようにレイアウトすることができます。
キッチン台に囲まれている形になるので、作業スペースがかなり広く取れます。
ただ、ある程度の広さがないと設置は難しいので、キッチンにそれだけの広さを割けるのかどうか、他のスペースとのバランスを踏まえて検討する必要があります。


【アイランド型】
キッチン台の一部、または全部を壁面から離し、島のように独立させたレイアウトです。
動線に開放感があるので、多人数で料理したり、ホームパーティーなどの際にも向いています。
ただ、キッチンスペースにかなりの広さが必要になることと、煙や匂い、音、熱が周辺に影響しないよう対策が必要です。


【ペニンシュラ型】
カウンターが半島(ペニンシュラ)のように壁から突き出しているレイアウトです。
Ⅱ型やL字型、U型で可能なレイアウトで、オープンキッチンに適しています。
ペニンシュラ部分は作業台としてももちろん使用できますが、ダイニングテーブルなど多目的に使うことができます。

更に詳しい事、その他􏰂の疑問点は􏰁信頼できるプロに匿名で相談してみましょう。 􏳹􏱞􏳝􏳮􏴛􏴳􏰦􏶮􏳃􏳕􏰈􏳹􏲊􏰪􏱺􏲦􏱶􏱳􏱰􏳹􏴳􏳋􏲫􏰇􏰩􏵹􏲀􏱅􏵀􏷄􏳮􏲒􏰰􏷅􏱺􏷆􏳡􏳅􏱳􏴳􏱅􏷇􏶍􏱺􏳋􏲀􏲟􏶍􏵽􏱦 􏱺􏵁􏳹􏱫􏲟􏲧􏳡􏰊􏰌􏱺􏶋􏰵􏲀􏳺􏴥􏲘􏲈􏴺􏲊􏳸􏲟􏵹􏲧􏰩もちろんお見積り􏰁無料です!

一般ユーザー様のご利用の流れ

  • 01無料会員登録

    簡単!所要時間約1分で専用マページをご用意致します。

    会員登録はこちら
  • 02匿名で依頼

    作業カテゴリーを選んで、ご要望を お聞かせて下さい。

    無料見積はこちら
  • 03見積もりを比較検討

    複数の業者さんから集まった提案 から最適な一社をお選び下さい。※お見積りには、お客様宅へ訪問(現地調査) が必要な事も御座います。

  • 04作業完了

    作業完了後に、感想をお聞かせ下 さい。口コミを投稿すればポイント ゲットで更にお得!

    ポイント詳細はこちら